蛙の化けもん (かえるのばけもん)


昔、延利に富豪の家があり、そこで働く使用人の女がいた。この女は顔立ちがよく働き者で、家人や同僚にも好かれていた。
しかしこの女はほとんど喋らず、盆正月にも実家に帰ることがなかったので、どこの生まれなのか誰も知らなかった。

ある年の盆のこと、珍しく女が「祖父の初盆なので実家に帰らせてほしい」と言ってきた。家の旦那は快諾して休暇を与えた。
旦那は前々から女の出自を知りたがっていたので、この機会にと密かに彼女の後をつけて行った。
女は峠を越え、山奥の谷へと進んでいく。
「こんな所に家なんてあっただろうか」不思議に思いながら旦那はついて行った。
だが、曲がり角で女を見失ってしまった。辺りを捜してみてもどこにもいない。
ふと道の下を見ると、田圃に沢山の蛙が集まって騒々しく鳴いている。
あまりに鳴き声がうるさかったので、旦那は大きな石を田圃に投げ込んだ。
石が蛙の集団に当たったかと思うと、あれだけ騒がしかった声がピタリと止んだ。
不思議に思いながらも、旦那は女を追うことを諦め家に戻った。このことは誰にも言わなかった。

そして盆が終わり、女が戻ってきた。
女は「実家に帰り村人たちと法事をしていたら、突然どこからか大きな石が降ってきて、それが和尚の頭に当たって死んでしまった。その葬式や後始末に追われ、戻るのが遅くなってしまった」と謝った。
この話を聞いた旦那は、彼女を尾行した時、姿が突然消えたこと、蛙の集まりに石を投げたことなどを思い出し、ひょっとして女は“蛙の化けもん”ではないかと考えた。
するとその夜、女は挨拶もなしに家から姿を消した。やはり彼女は蛙の化けもんだったのである。

『季刊 民話 1975冬 創刊号』「奥丹後物語 草稿」


蛙の社会にもコミュニティや役職があり、盆行事などの風習まであるというのは面白い世界観ですね。
しかし、わざわざ人間に化けてまで働きに出た理由は何だったんでしょうね。